AGAの治療効果について

Pocket

男性ホルモンが髪の毛の成長を阻害して徐々に薄毛になってしまう事をAGA(男性型脱毛症)と言い、日本人男性の4、5人に1人が悩んでいるというデータもあります。
AGAの治療で髪が生えた後は、減薬や休薬していいの?
AGA(男性型脱毛症)は40~50代ごろから始まってくる人が多いようですが、早い人では20代から始まります。
残念ながら自然に治癒する事はなく、そのまま放置しておけば進行してしまいますので、悩んでいる方は早めの対処が必要となります。

昔から育毛剤などは販売されていましたが、改善効果が得られる方は結構少なく育毛剤を製造する企業では長年の課題となっていました。
近年になり発毛効果のある成分と抜け毛予防効果のある成分が見つかり薬も開発されました。
この薬により多くの薄毛に悩む男性が勇気と自信を取り戻してきたと言えます。

AGA(男性型脱毛症)の治療を受けたい方は、医療機関の受診が必要になります。
医師の診断により治療薬が処方となり内服治療が始まります。
始めは初期脱毛と言う抜け毛が増えますが、3~4ヵ月程度で安定し、産毛が生えてきます。
徐々に成長し6~12ヵ月程度で薄毛の部分が分からないほどまでに改善してきます。
しかし、一部の方には効果がみられない場合や薬の副作用により内服を断念しなければならない場合があるようです。
担当の医師とよく相談し状態を観察していく事が重要です。

国内でのAGA(男性型脱毛症)治療は、医療保険が適応されませんので月平均で約20,000~30,000円程度掛かってしまいます。
この金額を工面する事が難しい方は、個人輸入を利用して海外から安価なジェネリック薬品を手に入れて内服している方も居ますが、自己責任となりますので副作用やニセモノ被害の危険性があります。