薬剤師の職務経歴書の書き方

Pocket

調剤薬局の求人は、現在の世にあふれていると言って差し支えないでしょう。
薬剤師過剰の時代になると言われて久しいですが、薬剤師国家試験の受験資格を得るための大学修学年数が6年になってから数年たった現在も、都市部を中心に薬剤師不足が叫ばれています。
これらの求人は、薬剤師に求められる社会への貢献と、能力への期待が込められていると言っても過言ではありません。
これらの求人に対して、職務経歴書にはどのようなことをポイントとして書いていけばいいのでしょうか。

薬剤師の場合、過去の勤務場所がどこであったのか、というところがとりわけ最も重要な情報となるかもしれません。
病院にいたのか製薬会社にいたのか、別の調剤薬局にいたのか、というところは採用する側にとって「即戦力かどうか」を判断する重要なファクターとなります。
もちろんウソは書けませんが、個々の勤務先においてどのような立場で、どのような仕事をしていたのか、場所が異なればやるべき仕事も異なるため詳しく情報を伝えることが、自分を知ってもらうための有効な手立てとなるでしょう。
職務経歴書を書くのと同時に、自分の能力を高めるということも忘れたくはありませんが、後悔のないよう対策ししっかりとした職務経歴書を持って求人に臨みたいものです。