耐震診断は、建売住宅でも注文住宅でもできる?

Pocket

国内では世界的に見ても大きな地震の多い国として知られています。
木造住宅の場合では、特に近年では大きな地震が発生していることもあり、その耐震性が心配されるケースが増えています。
新しく建てられている住宅の場合では、新しい耐震性能を持っていることが多く、比較的安心した生活を送ることができますが、古い住宅の場合では耐震診断を行ってみることも良い方法です。

耐震診断に関しては、建売住宅でも注文住宅でも変わりなく利用することができ、専門家の診断によって明確にすることができます。
基本は昭和56年の6月を境にして新しい基準の耐震性が求められていて、その基準を満たしているかどうかを判断することが行われています。
古い住宅であっても、十分な耐震性を確保している住宅もありますが、多くのケースで新基準に満たしていない場合が見られるので、構造上問題の生じている住宅の場合では建売住宅でも注文住宅でも随時耐震性アップのための工事を施工することも必要です。
柱や梁を補強することも可能になり、外壁や屋根を交換する方法、あるいは補強を行う方法でも対処することができるので、随時専門家の話を聞いてリフォーム等を考えることがおすすめになり、長期的に住宅を守ることができます。