包茎だと罹る可能性がある病気

Pocket

亀頭先細りとは、ペニスの先の亀頭の部分の全部または一部が皮に覆われている状態をいいます。
包茎にも種類があり、日本人男性の6割から7割程度が該当すると言われている仮性包茎が一番メジャーな包茎といわれています。
仮性の定義について世間では亀頭の一部に皮が被っているのか全部を覆っているのかによって区別されるという認識がされていることが多いですが、正確には手で皮をむいてみて簡単にむける場合が仮性に該当するということでかぶり具合は関係ないとされています。
さらに、通常時勃起時とも皮をむけない真性包茎やがんばればむくことが可能だけども痛みが伴うカントン包茎など様々な種類があります。

いずれにしてもこれらの問題というのは、亀頭を皮で覆っていることでその覆われている中が細菌が繁殖しやすい状況にあり、炎症を起こしやすいという問題と、普段皮で覆われていることにより亀頭部分が弱いため性行為の際に傷がつきやすく性病に感染しやすくなるリスクがあるということなのです。
この問題を抱えた包茎で罹る可能性がある病気としては、細菌の感染により亀頭または包皮に炎症を生じる亀頭包皮炎があげられます。
亀頭または包皮が赤みがかり、排尿時に痛みを伴うことが多くまた膿の排出などが症状としてあらわれるものです。
そのほかに尿路感染症があげられます。
この尿路感染症は細菌やウイルスが尿路を通って感染し体の中をさかのぼっていき腎盂まで達するというもので、感染してしまうと最悪の場合敗血症という命にかかわる病気を併発することとなります。
また性病に関していえばクラミジア、淋病、HIVなど細菌性やウイルス性の病気にり患しやすくなります。
少なくとも包茎である場合には皮をむいて中を清潔に保つような努力をしないとこれらの病気に罹るリスクが高まるということをおさえておきましょう。