初心者でもわかるFXのスプレッドの仕組みと活用方法

Pocket

スプレッドというのはFXにおける手数料に相当するものであり、取引コストに大きく関わる部分であるため必ず覚えておきたいものとなります。
FXは売りでも買いでもどちらからでもポジションをとることができますが、その際のレートというのはどちらも同じというわけではありません。
仮にスプレッドがない場合、1ドル100円の場合には売っても買っても100円にしかならないのでポジションを持った瞬間決済をすれば損益は0ということになります。
しかし、実際にはここにスプレッドと呼ばれるレートの差が発生することになり買う場合は1ドルが100.05円となり逆に売りから入るのであれば1ドル100円丁度となったりします。

この0.05円に当たる部分がスプレッドでありポジションを持った瞬間にすぐに決済をすれば、この分だけ損失が発生してしまうということになるのです。
そのため、スプレッドは狭ければ狭いほどコストが安く済むということになるのでFXを始めるときにはスプレッドがどのぐらい開いているのかということを確認して取引をする業者を選べばコストを抑えた有利な取引をすることができます。
スプレッドだけですべてが決まるわけではありませんが、直接コストに関わってくる部分であるため重要性が高いものとなっています。